【チェンソーマン】パワーちゃんのクズヒロインっぷりを紹介!嫌いとの声もあるけど憎めないキャラクター

アニメ『チェンソーマン』のビジュアル(C)藤本タツキ/集英社・MAPPA

今年2022年10月11日火曜日24:00よりテレビ東京にてテレビアニメが放送開始する週刊少年ジャンプにて連載されていた今話題の原作藤本タツキさんの『チェンソーマン』!

今回はそんな話題の『チェンソーマン』に登場する美少女クズヒロインっぷり血の悪魔パワーちゃんを紹介します!

それでは、早速【チェンソーマン】パワーちゃんのクズヒロインっぷりを紹介!嫌いとの声もあるけど憎めないキャラクターと題して見ていきます。

目次

チェンソーマンのパワーちゃんとは?

はじめに『チェンソーマン』は、人間、悪魔、魔人が存在する世界の物語です。

今回紹介するパワーちゃんは人間なのか、悪魔なのか、魔人なのかそれらについてもまとめて紹介します。

名前パワー
種族血の悪魔から血の魔人
所属対魔特異4課 主人公デンジのバディ
好きなもの猫(ニャーコ)、血
嫌いなもの野菜全般
一人称ワシ
性格わがまま、虚言壁、子供っぽい 見栄っ張り 自分が可愛いのを理解している 臆病

チェンソーマンパワーちゃんのクズヒロインたる所以。嫌いという声も?

チェンソーマンパワーちゃんのクズヒロインたる所以。嫌いという声も?

先ほどの紹介内容からはそんなに、悪いイメージのわかない茶目っ気があるように見えるチェンソーマンに登場するパワーちゃん。

しかし、クズヒロイン、嫌いという声が上がっているパワーちゃん。そんな彼女の実態に迫っていきましょう!

「おうおうひれ伏せ人間!!ワシの名はパワー!」

登場時の印象的なこのセリフ。本人曰く高位の悪魔であったがゆえにこの発言をしているのか?

マキマさんによる情報によると、パワーちゃんは理性が高く、また悪魔の中でも比較的知能が高いといわれているので、人間をシンプルに見下しているからこの発言だったと私は考えています。

また、パワーちゃんとデンジがバディを組んだ当初は、ケンカばかりをしていた相容れない状態が続きます。

「ホレ!どうした!嬉しいじゃろ!揉め揉め!」

こちらは、デンジが念願だった「胸を触らせてもらう」をパワーちゃんからさせてもらう時の一コマです。

パワーちゃんのニャーコが悪魔にさらわれたという事をデンジに話し、ニャーコを救ったら「胸を触らせてもらう」という約束を交わしコウモリの悪魔のもとにデンジを差し出すという罠だったのです。

しかし、コウモリの悪魔にニャーコもパワーちゃんも食べられてしまいます。デンジは、約束の「胸を触らせてもらう」を果たせていないという理由からコウモリの悪魔と対峙し勝利します。

パワーちゃんはデンジが念願だった「胸を触らせてもらう」をパワーちゃんからさせてもらう際のこの発言での自分は可愛いというのを認識しているところを見る事が出来ます。

一方約束を果たさせてもらったデンジは「こんなものか、、」と落ち込んでいます。

「風呂はたまにしか入らん派じゃ!トイレ?糞はたまにしか流さん派じゃ!」

物語の中でデンジ、アキ、パワーちゃんで同居をするときのこの発言。こんな発言をするヒロインは私も見たことがなかったです。これが、パワーちゃんがクズヒロインと言われる所以なのかもしれないです。

私は、このパワーちゃんの発言によって主人公のほうがまだ常識があったと知り面白おかしいしコマになっています。

またパワーちゃんはこの辺りの生活スタイルからも、やはり元は血の悪魔だったんだなと思わせるシーンでもあります。

「パパパパワー!!ワシ復活じゃ!デンジの匂いを辿ってきたが、、、小さい店じゃのお!!」

レぜに振られたまま大きな花束を抱えたデンジのもとに、血抜きを終え角が二本のパワーちゃんに戻りデンジの匂いを辿って子供っぽいセリフで上機嫌で登場したシーンです。

この時、パワーちゃんはデンジの抱えていた大量の花束を確認次第いつも通りの感じで「なんじゃその花⁉ワシに似合いそうじゃのお!差し出せ!!」という無茶苦茶な理由でデンジから花束を取ろうとします。

しかし、デンジは大量の花をむしゃむしゃと食べだし、パワーちゃんは「食うな!ワシのじゃ!盗人!」といい子供っぽいその様子に、デンジは振られていたが調子を元に戻すというヒロインとしての活躍を見せたコマでもあります。

私はこのシーン、一応知能が高いパワーちゃんなりにデンジの状態に気が付いて彼女なりの励まし方で元のデンジに戻すために放った発言のようにも捉えています。

「ワシのせいにする気か?この人殺しが!」

デンジの心臓を狙った刺客が世界中からくる物語の中での一コマです。

同僚のコベニちゃんが買った車を、パワーちゃんは「免許くらい持ってるわ!!」と言いながらコベニちゃんを脅迫しハンドルを握りました。

そうして運転したパワーちゃんはすぐに、運転ミスをしてデンジと京都の公安黒瀬と轢き殺してしまいます。

轢き殺してすぐに、パワーちゃんは焦ってコベニちゃんに対して「ウヌの車じゃ、ワシのせいじゃない」といい相変わらず無茶苦茶な事を言い放ちコベニちゃんに罪を擦り付けます。

しまいには、「ワシのせいにする気か?この人殺しが!」とまでいいこれまでにないほどの虚言と理不尽をしコベニちゃんを罵ります。

しかし、この時轢いた京都の公安黒瀬が、本人ではない彼に化けた刺客と判明した瞬間に

「敵の正体に気が付いていたのはワシだけだったようじゃなぁ~!」とこれ見よがしに自分の手柄にするのがパワーちゃんらしい無邪気さです。

チェンソーマンパワーちゃんはクズなだけじゃない(笑)むしろクズ可愛い憎めないヒロインなのである

チェンソーマンパワーちゃんはクズなだけじゃない(笑)むしろクズ可愛い憎めないヒロインなのである

先ほどから紹介した、パワーちゃんは常識から外れた考えを持っています。しかし、そこにクズだけど可愛い憎めないヒロインというのが見える場面もあります。

デンジの心臓を狙った刺客との一件を終えた後のパワーちゃんはヒロインとしてデレを見せてきます。

地獄での闇の悪魔と対峙したパワーはそれがとても怖い恐怖のトラウマとなります。

パワーちゃんは1人で寝ることも、食べることも出来ないほどのトラウマを抱えてしまうのです。

そんな状態の彼女は1人でお風呂に入ることもできません。そこでパワーちゃんはもじもじしながらも、「恐いから一緒にお風呂入ってぇ」とデンジに一緒にお風呂に入ってとお願いするのです。

このシーンでは、普段のこれまでのパワーちゃんからは考えられない傲慢な態度と相まって、デレとか弱さを魅せられたことからもパワーちゃんがクズ可愛い憎めないヒロインなのかもしれないです。

私はここで完全に心を奪われましたが、皆さんも無事に心を奪われましたかね。

まとめ

2022年10月11日火曜日24:00よりテレビ東京にてテレビアニメが放送開始する週刊少年ジャンプにて連載されていた今話題の原作藤本タツキさんの『チェンソーマン』!

今回はそんな話題の『チェンソーマン』に登場する美少女クズヒロインっぷり血の悪魔パワーちゃんについてのまとめです!

  • パワーちゃんは、子供っぽい性格から我儘で傲慢な態度を取り、すぐに嘘をつくがとても素直な子
  • パワーちゃんは、傲慢な態度を取っているが実は臆病というギャップありヒロイン

今年2022年10月11日に放送される動くパワーちゃん、現在連載中の『チェンソーマン二部』にてパワーちゃんが登場するのを楽しみに待ちましょう!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

まいにちアニメ三昧な会社員です。
どれだけお得にストレスなく、それでいてたくさんアニメを視聴できるかに心を燃やし、アニメのサブスクに片っ端から登録していた過去あり。
その経験をもとに、あなたにぴったりのアニメサブスクを提案します。

コメント

コメントする

目次